日本株投資日記「eBASEがさらなる下げ。まさに今が買い時?」

株式投資ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も僕の先週の投資日記をお送りしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていこう。

日経平均株価 (15分足 5日間)

10/18(月)
29,025.46(-43.17)円

10/19(火)
29,215.52(+190.06)円

10/20(水)
29,255.55(+40.03)円

10/21(木)
28,708.58(-546.97)

10/22(金)
28,804.85(+96.27)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス263.78円(-0.91%)となった。
2週ぶりの反落だ。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきたいと思う。

月曜日

月曜日の日経平均株価は3営業日ぶりに小幅反落した。

この日の午前に発表された中国の7~9月期国内総生産(GDP)は4~6月期に比べ減速し、市場予想も下回った。
この結果、中国・上海や香港の株式相場が下落し、東京市場でもその影響を受ける形で下落している。

火曜日

火曜日の日経平均株価は反発した。

この日は、アジア株式市場で香港や上海の株価指数が堅調に推移したことが日本株の支えとなった。
国内で新型コロナウイルスの新規感染者の減少傾向が続いており、経済活動の再開への期待から、小売株にも買いが入っている。

一方で、外国為替市場で円安・ドル高の流れが一服しており、自動車など輸出関連株には売られた。

水曜日

水曜日の日経平均株価は続伸した。

コロナが収束し、経済活動の正常化が一段と進むとの見方から、経済再開で恩恵を受けやすい空運や鉄道株に買いが入った。

木曜日

木曜日の日経平均株価は3日ぶりに大幅反落した。

前日の米株式市場で米長期金利の上昇を背景にハイテク株が下がったことで、東京市場でもグロース株を中心に売りが優勢となった。

金曜日

金曜日の日経平均株価は反発した。

中国恒大集団が利払いの猶予期限が迫っていた米ドル債の利息を送金したと報道されたことで、中国恒大の深刻な債務問題に対する市場の警戒が和いだ。
また、前日の米ハイテク株高の流れを受け、東京市場では半導体関連株が上昇し、日経平均は300円近く上げる場面があった。

一方で、31日投開票の衆院選で与党の自民党が議席数を減らすのではないかとの一部報道により、上値が重くなった。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみよう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートだ。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

一目均衡表で示しているが、先週前半までは雲の上にいたので、このまま雲に沿って上昇するかなと思われたのだが、木曜日の下落で一気に雲の下に来てしまった。
選挙期間中は上昇するというアノマリーがあるが、衆議院選の予測動向によっては、このまま下げることも覚悟しておかなければならない。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

eBASE (日足 6ヶ月間)

先週は、eBASEが再び下げてしまった。

1週間を通してマイナス28.0円(-3.47%)となり、一時期30万円近くあった含み益も吹き飛んでマイナスとなってしまった。
ただ、eBASEは業績、将来性などを見ても、今後十分伸びる余地ありだ。
この安値のタイミングが仕込み時ととらえ、できる限り安値で買い増しておきたいと思う。

四季報秋号からピックアップした銘柄の動きはどうなったのか?

以前、四季報秋号から、いくつかの銘柄をピックアップしたということをお伝えしたが、それらの銘柄の動きはどうなっているのだろうか?

もし仮に、僕が四季報でピックアップした時の価格で買ったとした場合、今頃6,300円の含み益を抱えていたことになる。

中でもエスプールなんかは早くも2万円以上の含み益状態だ。
この一ヶ月で早くも23%もその株価を上げていることになる。

僕は残念ながら資金の余裕が無いため、どれも買えていないが、資金があればこの中の銘柄の株を優先して買いたいと思っている。
今後もこれらの銘柄の動向は追って見ていきたいと思う。

僕がどうやって四季報を分析しているかは、以下の記事を参考にしてみてもらいたい。

今週の注目イベントは?

今週は、日銀の金融政策決定会合が開催される。
また、欧州では、ECB(欧州中央銀行)理事会が開催される。

国内の新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあるが、金融政策の正常化が議論されるのはまだ早いだろう。
一方で、欧州ではコロナ禍における金融緩和策の見直しが意識されている。
どのような方針が示されるかしっかりと確認しておきたい。

また、今週から決算発表が本格化する。
この結果次第では、日本市場の流れも変わる可能性があるため、全体の結果は掴んでおきたいところだ。

さらに、今週木曜日は、株主優待の基準日となっている。
気になる優待がある場合は、この日まで買っておこう。

10月の株主優待についてはこちらを参考にしてみてもらいたい。

それでは、今週も頑張ろう。

現在の保有株

3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
9467 アルファポリス
4348 インフォコム
3835 eBASE
3397 トリドールHD

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:14,313円
株式:4,911,150円
投資信託:2,064,533円
計:6,989,996円

今週の主なイベントはこちら。

10月25日(月)
独10月Ifo景況感指数=17時

10月26日(火)
9月企業向けサービス価格指数=8時50分
◆決算発表=オービック(4684)、日電産(6594)、日東電(6988)、シマノ(7309)、キヤノン(7751)
◆新規上場=CINC(4378)

米8月FHFA住宅価格指数、米8月S&PコアロジックCS住宅価格指数=22時
米9月新築住宅販売件数、米10月CB消費者信頼感指数=23時
米2年国債入札
◆決算発表=F5ネットワークス、GE、コーニング、3M、MSCI、マイクロソフト、ツイッター、テキサス・インスツルメンツ、ビザ

10月27日(水)
日銀金融政策決定会合(~28日)
2年国債入札
◆決算発表=エムスリー(2413)、信越化(4063)、NRI(4307)、サイバー(4751)、富士通(6702)、ファナック(6954)、大和証G(8601)、JPX(8697)、JR東海(9022)

米9月耐久財受注=21時30分
米5年国債入札
ブラジル中銀政策金利発表
◆決算発表=(アジア)平安保険、香港証券取引所(米国)ADP、ボーイング、CMEグループ、GM、コカ・コーラ、マクドナルド、サービスナウ、フォード・モーター、ザイリンクス

10月28日(木)
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
9月商業動態統計=8時50分
◆決算発表=ZOZO(3092)、武田薬(4502)、OLC(4661)、コマツ(6301)、三菱電(6503)、マキタ(6586)、オムロン(6645)、パナソニック(6752)、ソニーG(6758)、アドバンテス(6857)、キーエンス(6861)、HOYA(7741)、JR東日本(9020)

ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
米7~9月期GDP速報値=21時30分
米9月中古住宅販売仮契約=23時
米7年国債入札
◆決算発表=(アジア)サムスン電子(欧州)ダッソー・システムズ、ノキア、ロイヤル・ダッチ・シェル、STマイクロエレクトロニクス(米国)アップル、キャタピラー、メルク、ニューモント、レスメド、スターバックス、ショッピファイ、アトラシアン

10月29日(金)
9月失業率・有効求人倍率=8時30分
9月鉱工業生産=8時50分
10月消費動向調査=14時
◆決算発表=JT(2914)、MRO(3064)、メルカリ(4385、アステラス薬(4503)、第一三共(4568)、豊田織(6201)、NEC(6701)、デンソー(6902)、レーザーテク(6920)、村田製(6981)、アイシン(7259)、豊田通商(8015)、野村(8604)、SGHD(9143)、ANA(9202)、KDDI(9433)

ユーロ圏7-9月期GDP=18時
ドイツ7~9月期GDP=17時
米9月個人所得・個人支出=21時30分
◆決算発表=シェブロン、エクソンモービル

出処:SBI証券

タイトルとURLをコピーしました