TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はTOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待と配当について分析していく。

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2021年12月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約19万円
(100株)
配当金は? 4,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.37%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待の内容

まずは、TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待の内容だ。

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待はQUOカード(クオカード)だ。

ただし、トーヨータイヤ又はニットータイヤを購入した株主のみが対象だ。

「トーヨータイヤ又はニットータイヤ」をサイズに関わらず1本~3本購入した場合、1,000円分。
15インチ以下かつ4本以上を購入した場合、2,000円分。
16インチ以上かつ4本以上を購入した場合、3,000円分がもらえる。

年に1回、12月末日時点の株主に配布される。

実際、応募カードに必要事項を記入し、トーヨータイヤ製品を購入したことが判る書類(レシートや領収書・納品書等)と一緒に専用封筒に入れ、返送(切手不要)すると、QUOカードが届くようだ。
タイヤを実際購入する場合はいいけど、そうでないとあまり株を持っていても意味が無い優待だね。

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)とはどんな会社?

TOYO TIRE株式会社(トーヨータイヤ、英: Toyo Tire Corporation)は、兵庫県伊丹市に本社を置く、タイヤ・自動車部品等のメーカーである。
2019年(平成31年)1月1日、東洋ゴム工業株式会社から商号変更。
「タイヤ」の部分の英字表記に関して、法人名は「TOYO TIRE」と単数形であるが、ブランド名としては「TOYO TIRES」と複数形である。
ただし、日本語での読みはいずれも「トーヨータイヤ」とされている。

主に自動車タイヤ、工業用ゴム、建築免震ゴム、プラスチック製品、軟・硬質ポリウレタン製品、船舶用救命装置、自動車部品用防振ゴム、シートクッション、スポーツ用品の製造・販売を行う大手企業として知られる。
また創業当初より、旧三和銀行の融資筋にあったことから、みどり会(UFJグループ)に属する企業の一社でもある。
TOYO TIRES(トーヨータイヤ)のブランド名で、「専用タイヤ発想」をコンセプトに、それぞれの車種に合う自動車タイヤを製造しており、特に海外での評判は高い。
また対米向けにはNITTO(ニットー)ブランドもあり、これまでは日本では逆輸入でしか入手できなかったが、2006年以降、NITTOブランドのタイヤも日本で販売。
タイヤのメーカー別シェアでは国内第4位に位置する。
箱根ターンパイクのネーミングライツを取得し、2007年3月1日から2014年7月31日まで「TOYO TIRES ターンパイク」に名称が変更された。
2008年5月16日、同業のトップメーカーであるブリヂストンと業務・資本提携を発表した。

(参考:ウィキペディア)

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のTOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株価は、1,934円(2021年10月時点)だ。
100株だと「約19万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約19万円の投資で年間1,000円相当の株主優待がもらえるのだが、タイヤを購入した人限定なので、優待利回りは0%としておく。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年12月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のTOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)は魅力的かを見ていこう。

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の配当利回りは、2.37%だ。

100株分、約19万円投資したら→年間4,500円
500株分、約95万円投資したら→年間22,500円がもらえる。

配当も物足りないね。

配当の基準日は?

TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の配当の基準日は12月末日だ。

実際の権利確定日は、2021年12月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にTOYO TIRE[東洋タイヤ](5105)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.37%だ。

うーん、物足りないね。
そもそも、優待をもらうためにタイヤをわざわざ購入しないといけないというのは、ちょっと残念すぎる。
タイヤなんて毎年買うものでもないし、あって無いような優待だね。

ただ、タイヤを購入した人は、優待でQUOカードがもらえるので、興味があればチェックしてみてはいかがだろうか。
TOYO TIRE[東洋タイヤ](5105) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました