日本株投資日記「日経平均は5%もの下落。逆にトリドールは5%上昇した。」

株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も僕の先週の投資日記をお送りしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていこう。

日経平均株価 (15分足 5日間)

9/27(月)
30,240.06(-8.75)円

9/28(火)
30,183.96(-56.10)円

9/29(水)
29,544.29(-639.67)円

9/30(木)
29,452.66(-91.63)

10/1(金)
28,771.07(-681.59)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス1477.74円(-4.89%)となった。
続落だ。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきたいと思う。

月曜日

月曜日の日経平均株価は、小幅に反落した。

米ブルームバーグ通信がこの日「中国の不動産大手、融創中国が浙江省紹興市の当局に支援を要請した」と伝えた。
これにより、中国不動産市場の低迷を改めて懸念した売りが増えた。

特に、前週末に日本株は急騰していたため、このところ上昇していた海運株などに利益確定売りが出やすかった。

火曜日

火曜日の日経平均株価は続落した。

この日も中国経済の先行きへの警戒もあって幅広い銘柄が売られた。
また、前日に欧米の半導体関連銘柄が下落した流れを受けて、東京市場でも特に半導体関連株の下げが目立った。

水曜日

水曜日の日経平均株価は、大幅に3日続落し、4営業日ぶりに3万円を下回って終えた。
米長期金利上昇への警戒感から前日の米株式相場が大幅下落した流れを引き継ぎ、朝方からグロース株を中心に幅広い銘柄で売りが優勢となった。

また、この日は、配当権利落ち日ということもあり、日経平均株価の下げに弾みをつけた。

木曜日

木曜日の日経平均株価は続落した。

10月1日からの緊急事態宣言解除に向け経済正常化への期待が根強く、上げに転じる場面もあったのだが、中国国家統計局と中国物流購入連合会が発表した9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が節目の50を下回ると、日本株に売りが広がった。

金曜日

金曜日の日経平均株価は日経平均株価は5日続落し、9月2日以来、約1カ月ぶりの安値となった。

前日の米株式市場で主要3指数がそろって下げたことを受け、東京市場でも朝方から売りが優勢だった。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみよう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートだ。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

先週は思いの外大きく下げたね。
今週前半の動き次第では、デッドクロスを形成しさらなる下げとなる可能性が大いにある。
ただ、50日移動平均線がまだ抵抗線として待っているので、2万8500円あたりで反発するかが今週のポイントとなりそうだ。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週は、僕の保有している銘柄のほとんどが下落したのだが、唯一それでも元気だったのがトリドールだ。
トリドールは、先週1週間で123.0円(4.69%)上昇した。

トリドール (日足 6ヶ月間)

チャートを見てもわかると思うが、ここ最近ずっと右肩上がりで推移している。
これで僕の含み益も13万円を超えた。

非常事態宣言も解除され、今後さらに外食産業が復活してくることを考えると、まだまだ上昇の余地があるのかもしれない。
ただ、元々僕がトリドール株を買ったのは、株主優待が目当てだったので、どんなに含み益が出ていようとも、今のところ売るつもりは一切ない。

トリドールの株主優待についてはこちら

また、僕の大好きなトリドールが展開するコナズ珈琲で株主優待を使ってきた様子はこちらを見てもらいたい。

とにかく、先週は下げがキツかったね。
僕の保有資産も、ようやく700万円を超えたかなと思っていたのに、また600万円台に戻ってしまった。
ただ、前回紹介したように、四季報から良さそうな銘柄をいくつか抜粋したので、この調子でそれらの銘柄の株価が下がったタイミングで購入をしてみたいと持っている。

株式投資において、ピンチはチャンスだ。
下がったら、その分仕込んでおけば、市場が回復した時に利益を得られる。

そのためにも、しっかりと株式投資に回せるキャッシュを準備しておきたいね。

今週の注目イベントは?

今週は、米9月ISM非製造業景気指数、米8月貿易収支、米9月ADP雇用統計に加え、週末8日には米9月雇用統計が発表される。
雇用統計の結果で、FRBによるテーパリングや利上げの前倒しが意識されれば、一時的には株式市場にとってマイナスとなりうる。

しっかりと注意して結果を確認しておきたいものだ。

それでは、今週も頑張ろう。

現在の保有株

3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
9467 アルファポリス
4348 インフォコム
3835 eBASE
3397 トリドールHD

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:24,313円
株式:4,921,600円
投資信託:1,976,560円
計:6,922,473円

今週の主なイベントはこちら。

10月4日(月)
9月マネタリーベース=8時50分
臨時国会召集
証券投資の日
◆決算発表=キユーピ(2809)、クリエイトH(3148)、ネクステージ(3186)、不二越(6474)、ナガイレベ(7447)

米8月製造業受注=23時
OPECプラス
ノーベル賞受賞者発表(医学生理学賞4日、物理学賞5日、化学賞6日、文学賞7日、平和賞8日、経済学賞11日の予定)

10月5日(火)
10年国債入札
黒田日銀総裁が気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)サミット2021であいさつ
◆決算発表=サンエー(2659)、USMH(3222)、イオンモール(8905)

米8月貿易収支=21時30分
米9月ISM非製造業景況指数=23時
9月J.P.モルガン・グローバル・コンポジットPMI=5日0時

10月6日(水)
◆決算発表=ウエルシアH(3141)、壱番屋(7630)、イオンFS(8570)、イオンディラ(9787)

NZ準備銀行金融政策決定会合
米9月ADP雇用統計=21時15分

10月7日(木)
9月都心オフィス空室率=11時
8月景気動向指数=14時
◆決算発表=ローソン(2651)、7&iHD(3382)、竹内製作(6432)、ライフコーポ(8194)、乃村工芸(9716)、ベルク(9974)◆新規上場=ワンキャリア(4377)

米8月消費者信用残高=8日4時

10月8日(金)
8月家計調査=8時30分
8月毎月勤労統計調査=8時30分
9月景気ウオッチャー調査
オプションSQ
新型「Nintendo Switch(有機ELモデル)」発売
◆決算発表=ジンズHD(3046)、Sansan(4443)、OSG(6136)、安川電(6506)、マニー(7730)
◆新規上場=日本エコシステム(9249)

インド準備銀行金融政策決定会合
米9月雇用統計=21時30分

出処:SBI証券

タイトルとURLをコピーしました