ノエビアホールディングス【4928)】の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はノエビアホールディングス(4928)の株主優待と配当について分析していく。

ノエビアホールディングス(4928)
何がもらえる? ノエビア商品セット
いつ買えばいい? 2022年9月28日
2023年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約51万円
(100株)
配当金は? 21,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.90%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノエビアホールディングス(4928)の株主優待の内容

まずは、ノエビアホールディングス(4928)の株主優待の内容だ。

ノエビアホールディングス(4928)の株主優待は、ノエビア商品セットだ。

保有株数が100株以上1,000株未満の場合、2,000円相当。
1,000株以上の場合、22,000円相当がもらえる。

優待の配布は年に2回、3月末日と9月末日の株主が対象だ。

普段からノエビアの化粧品を使っている人にとっては嬉しいね。

ノエビアホールディングス(4928)とはどんな会社?

ノエビアホールディングスは、化粧品メーカー「ノエビア」や医薬品メーカー「常盤薬品工業」を傘下に持つ持株会社だ。

本社は、神戸市にある。

元々、1964年に創業者・現会長の大倉昊が、アメリカから航空機部品ならびに、航空機用品の輸入貿易を行う会社を、大阪に設立したのが始まりだった。
1971年には、ヨーロッパから薬草化粧品の輸入販売を開始している。

その後1978年にノエビアに社名変更し、同ブランド化粧品の製造販売を開始した。

2002年には、常盤薬品工業を子会社化。
2011年に持株会社化され、翌年2012年に東証一部に上場している。

東証プライム。
1971年設立。

従業員数は573人。

売上高は262億9600万円。
純利益は28億5700万円。
純資産は303億9900万だ。
(2021年時点)

(出処:ウィキペディア)

ノエビアホールディングス(4928)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のノエビアホールディングス(4928)の株価は5,090円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約51万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ノエビアホールディングス(4928)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料920円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約51万円の投資で、年間4,000円相当の株主優待がもらえるわけだから、優待利回りは0.78%だ。

少ないね。
必要投資額が高すぎるのも気になる。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ノエビアホールディングス(4928)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のノエビアホールディングス(4928)は魅力的かを見ていこう。

ノエビアホールディングス(4928)の配当利回りは4.12%だ。

100株分、約51万円投資したら→年間21,000円
500株分、約255万円投資したら→年間105,000円がもらえる。

配当はかなり良いね。

最後にノエビアホールディングス(4928)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.90%だ。

利回りは良いのだが、必要投資額が高いのがちょっと気になる。
とはいえ、日頃からノエビアの商品を利用している人からすると、嬉しい優待だと思うので、是非気になる方はチェックしてみてほしい。

ノエビアホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました