KLab(3656)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はKLab(3656)の株主優待と配当について紹介する。

KLab(3656)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2021年12月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約32万円
(500株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 0.31%

【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KLab(3656)の株主優待の内容

まずは、KLab(3656)の株主優待の内容だ。

KLab(3656)の株主優待は、人気ゲームタイトルをデザインしたオリジナルクオカード500円分だ。

保有株数が500株以上の株主全員がもらえる。
もらえるQUOカードの枚数は、保有期間によって異なる。

保有期間が6ヶ月以上1年未満の場合、2枚。
1年以上2年未満の場合、3枚。
2年以上の場合、4枚がもらえる。
※1,000株以上保有の場合、さらに1枚追加。

年に1回、12月末日時点の株主に配布される。

KLabが提供するゲームのオリジナルクオカードがもらえるので、KLabのゲームが好きな方には嬉しいね。

KLab(3656)とはどんな会社?

KLab株式会社(クラブ)は、東京都港区に本店をおく携帯電話向けゲーム事業を中核とする情報通信事業会社。ソーシャルゲームの開発・運営や受託開発などを主業とする。
2000年1月サイバードの研究・開発部門として、ケイ・ラボラトリーが発足。
2012年5月18日に東京証券取引所一部に上場。
提供するゲームタイトルには、「キャプテン翼~たたかえドリームチーム~」「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」「テイルズ オブ アスタリア」などがある。
(参考:ウィキペディア)

KLab(3656)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のKLab(3656)の株価は、634円(2021年7月時点)だ。
500株だと「約32万円」で購入できる。

KLab(3656)の場合、3ヶ月以上保有しないと株主優待がもらえないので、クロス取引には向かない。
クロス取引についてはこちら

約32万円の投資で、年間1,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.31%だ。

かなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年12月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

KLab(3656)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のKLab(3656)は魅力的かを見ていこう。

KLab(3656)の配当は残念ながら無いようだ。

最後にKLab(3656)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは0.31%だ。

30万円以上も投資をしてリターンが1,000円というのはあまりにも少なすぎる。
KLabのゲームのファンの方には嬉しいかもしれないが、そうでない方にとっては、わざわざ優待目当てで投資をするような銘柄ではないね。

次に行こう。

KLab IR情報

タイトルとURLをコピーしました