日本株投資日記「お金に働いてもらった結果、6月は7万円の不労所得が得られた」

株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も先週の投資日記をお送りしたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていこう。

日経平均株価 (15分足 5日間)

6/28(月)
29,048.02(-18.16)円

6/29(火)
28,812.61(-235.41)円

6/30(水)
28,791.53(-21.08)円

7/1(木)
28,707.04(-84.49)円

7/2(金)
28,783.28(+76.24)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス282.90円(-0.97%)となった。
4週間ぶりの反落だ。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきたいと思う。

月曜日

月曜日の日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。
前週末の米株式市場でハイテク株や半導体株が下げたことの影響を受けて、東京市場でも、半導体関連銘柄を中心に売られた。

火曜日

火曜日の日経平均株価は続落した。
下げ幅は一時300円を超える場面があった。

一方で、米ナスダック総合株価指数が最高値を更新したことを追い風にして、国内のIT関連株の一角には買いが入った。

水曜日

水曜日の日経平均株価は3日続落した。
朝方は前日の米株式市場で主要な指数が上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行し、上げ幅は180円ほどに達したのだが、2万9000円を前に主力銘柄に戻り待ちや利益確定の売りも出て、その後伸び悩んだ。

木曜日

木曜日の日経平均株価は4日続落した。
東京都で新型コロナの感染拡大が加速していることが、市場の重荷となった。
この日、東京都は一部の指標で国が「ステージ4(感染爆発)」の目安とする水準まで悪化。
また、染力が強いとされるインド型(デルタ株)など変異ウイルスの状況も、投資家心理を悪化させる要因となっている。

金曜日

金曜日の日経平均株価は5営業日ぶりに反発した。
外国為替市場で円安・ドル高が進行し、輸出採算が改善するとの見方から、特に自動車株などが買われた。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみよう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートだ。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

日経平均株価は、相変わらず横ばいだ。
2万9000円ラインが上側の抵抗線となり、なかなか2万9000円を上回れずにいる。

とはいえ、チャート的には、今力を溜めている状態だと思うから、今後、何かをきっかけに大きく動く可能性がある。
上か下、どちらに動くかは分からないから、注意しておきたいところだ。

7万円分の不労所得

先週は、またしてもいくつかの銘柄の配当が振り込まれ、株主優待が届いた。

まずは、配当だが、先週は、三越伊勢丹ホールディングスとeBASEと三井住友FGの配当が振り込まれた。
それぞれの額は以下だ。

三越伊勢丹:1,200円
eBASE:3,420円
三井住友FG:28,500円

トータルで、33,120円。
かなり良いよね。
当然だけれども、銀行にただお金を預けているだけではこうはいかない。
これだけの額が何もしないでももらえるなんて、株式投資ならではの喜びだ。

また、先週は、三越伊勢丹ホールディングスと、eBASEと、アルファポリスと、オリックスの株主優待がそれぞれ届いた。

三越伊勢丹 株主優待

三越伊勢丹ホールディングスの優待は、三越や伊勢丹での買い物が10%割引となる優待カードだ。
これは毎年かなり重宝している。

eBASE 株主優待

eBASEは、500円分のQUOカード。
これも使い勝手がいいから助かるね。

アルファポリス 株主優待

アルファポリスの株主優待は、アルファポリスの書籍の中から1冊好きな本がもらえる。
絵本から、ライトノベル、ビジネス本まで、様々な本の中から選べるので、本が好きな人にとっては嬉しいのではないだろうか。
僕も元々本が大好きなので、どれにしようかかなり悩んでいる。
まあ、嬉しい悩みだ(笑)

オリックス 株主優待

オリックスの株主優待は、5,000円分のカタログギフトだ。
これも特に僕が毎年楽しみにしている優待の1つだ。
カタログギフトの場合、毎年違うものが選べるからいいよね。
今年は何にしようかなぁ〜。

さて、そんな感じで、配当と株主優待ラッシュの6月が終わった。
振り返ってみると、今年の6月は、配当が合計約57,000円。
株主優待は、合計約13,000円分がもらえたので、配当と合わせると、なんと約7万円がもらえたことになる。

これは、僕が時間を労働という対価に変えて得たお金ではなく、僕の代わりにお金に働いてもらったお金だ。
正直、これは、自分の労働によって得たお金よりも価値があると思っている。
まだ今は半年に7万円くらいの金額だが、今後このお金に働いて得られる金額をどんどん増やせるようにしていきたい。

今週の注目イベントは?

先週金曜日に米6月雇用統計が発表された。
この結果が、FRBの動きに影響を与えるとの予想から、注目を集めていたが、結果はどうだっただろうか。

結果は、非農業部門雇用者数が前月比85万人増と、前月から伸びが加速。
10カ月ぶりの大幅増となった。
これで雇用者数の増加は6カ月連続だ。

一方、失業率は5.9%と前月より0.1ポイント悪化した。
ただ、雇用者数の増加幅は金融市場が見込んでいた70万人程度を上回ったため、市場では好感を持って受け取られたようだ。
その影響もあってか、S&P総合500種指数は7営業日連続で終値ベースの最高値を更新した。

ただし、「望ましい雇用の伸びが見られたが、連邦準備理事会(FRB)に早めの対応を迫るほどではなかった」との声もあった。

とはいえ、この影響は、週明けの日本市場にも影響を与えるはずだ。
今週は、ひとまず上昇となるのではないだろうか。

それでは、今週も頑張ろう。

現在の保有株

3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
9467 アルファポリス
4348 インフォコム
3835 eBASE
3397 トリドールHD

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:63,013円
株式:4,895,750円
投資信託:1,943,491円
計:6,902,254円

今週の主なイベントはこちら。

7月5日(月)
◆決算発表=ネクステージ(3186)、アークス(9948)

米国市場休場(独立記念日の振替休日)

7月6日(火)
5月毎月勤労統計調査=8時30分
5月家計調査=8時30分
30年国債入札
◆決算発表=サンエー(2659)、キユーピ(2809)、USMH(3222)、イオンモール(8905)、ベルク(9974)
◆新規上場=BCC(7376)

独7月ZEW景況感指数=18時
米6月ISM非製造業景況指数=23時
6月J.P.モルガン・グローバル・コンポジットPMI=7日零時
国連、持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム開催(~16日)

7月7日(水)
5月景気動向指数=14時
◆決算発表=ディップ(2379)、大黒天(2791)、ウエルシアH(3141)、イオンFS(8570)

7月8日(木)
6月都心オフィス空室率=11時
6月景気ウオッチャー調査=14時
5年国債入札
◆決算発表=ローソン(2651)、7&iHD(3382)、SHIFT(2651)、久光薬(4530)、竹内製作(6432)、マニー(7730)、UNEXTH(9418)、乃村工芸(9716)
◆新規上場=コラントッテ(7792)

米5月消費者信用残高=9日4時

7月9日(金)
6月マネーストック=8時50分
オプションSQ
エルニーニョ監視速報
◆決算発表=ビックカメラ(3048)、OSG(6136)、技研製(6289)、安川電(6506)、ライフコーポ(8194)、吉野家HD(9861)

中国6月消費者物価=10時30分
中国6月生産者物価=10時30分
G20財務相・中央銀行総裁会合(~10日、ベネチア)

出処:SBI証券

タイトルとURLをコピーしました