インターライフホールディングス(1418)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はインターライフホールディングス(1418)の株主優待と配当について紹介する。

インターライフホールディングス(1418)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2022年8月29日
2023年2月24日
(年2回)
いくら買えばいい? 約15万円
(1,000株)
配当金は? 400円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.00%

株を始めるなら!オススメの証券会社です↓
【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターライフホールディングス(1418)の株主優待の内容

まずは、インターライフホールディングス(1418)の株主優待の内容だ。

インターライフホールディングス(1418)の株主優待は、QUOカード(クオカード)だ。

保有株数が1,000株以上10,000株未満の場合、1,000円分。
10,000株以上の場合、5,000円分がもらえる。

年に2回、2月末日と8月末日時点の株主に配布される。

クオカードは使い勝手が非常に良いので、株主優待としてもらえるのは助かるね。

インターライフホールディングス(1418)とはどんな会社?

インターライフホールディングスは、店舗、演出設備における企画・設計・施工から店舗の清掃・メンテナンス、店舗スタッフの派遣・教育研修、広告代理、店舗サポート業務にいたる「店舗のトータルサービス」を事業展開する。
パチンコ店を展開するピーアークホールディングスとセガサミーホールディングスの持分法適用関連会社。
主力の工事事業のうち、専業工事部門は天井・壁の軽量鉄骨下地工事、不燃ボード貼り工事等、内装の基礎になる工事や内装の最終工程となるインテリア工事等を行う。
商業施設工事部門は店舗、商業施設の企画・設計・施工を一括受注する。
人材サービス事業はアミューズメント施設等へ店舗スタッフを派遣する人材派遣事業等を行う。
清掃・メンテナンス事業はアミューズメント施設等の清掃・メンテナンスを行う。
情報通信事業は携帯電話・スマートフォンの販売を行う。

1975年、床材工事の販売を目的に日商を設立。
88年、日商インターライフに商号変更。
2010年、インターライフホールディングスを設立し、日商インターライフを子会社化。
(参考:日経)

インターライフホールディングス(1418)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のインターライフホールディングス(1418)の株価は、153円(2022年3月時点)だ。
1,000株だと「約15万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、インターライフホールディングス(1418)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約15万円の投資で、年間2,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは1.33%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、2月末日と8月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年8月29日と2023年2月24日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、8月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の8月30日に現渡決済すればOKだ。
2月は、2月24日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の2月27日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

インターライフホールディングス(1418)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のインターライフホールディングス(1418)は魅力的かを見ていこう。

インターライフホールディングス(1418)の配当利回りは、2.67%だ。

100株分、約2万円投資したら→年間400円
1,000株分、約15万円投資したら→年間4,000円がもらえる。

配当は悪くないが、ちょっと物足りない。

配当の基準日は?

インターライフホールディングス(1418)の配当の基準日は2月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年2月24日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にインターライフホールディングス(1418)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.00%だ。

なかなか良いのではないだろうか。
ただ、株主優待をもらうためには、1,000株分投資をしないといけないのはちょっとマイナスポイントだ。
とはいえ、最近は株価が以前と比べるとだいぶ下がってきたので、以前よりもお得感は増した。

今まで気になっていた方は是非チェックしてみてはいかがだろうか。

インターライフホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました