【上場廃止】みちのく銀行(8350)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はみちのく銀行(8350)の株主優待と配当について紹介する。

みちのく銀行は、青森銀行と経営統合したため、2022年3月に上場廃止となった。
2022年4月に金融持株会社プロクレアホールディングス(7384)が発足している。

青森銀行とみちのく銀行経営統合で誕生!プロクレアホールディングス(7384)の株主優待と配当はオススメか?

以下は、2021年度までの内容となっている。

みちのく銀行(8350)
何がもらえる? カタログギフト
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約9万円
(100株)
配当金は? 2,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 6.11%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みちのく銀行(8350)の株主優待の内容

まずは、みちのく銀行(8350)の株主優待の内容だ。

みちのく銀行(8350)の株主優待は、カタログギフトだ。

保有株数が100株以上1,000株未満の場合、3,000円相当。
1,000株以上の場合、5,000円相当がもらえる。
※1年以上継続保有している株主が対象

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。

みちのく銀行(8350)とはどんな会社?

みちのく銀行は、青森県青森市に本店を置く地方銀行だ。

元々、1976年に青和銀行と弘前相互銀行が合併する形で生まれた。

青森県下では青森銀行に次ぐ規模の金融機関ではあるものの、資本金は同行を上回るほか、県外での店舗網も稠密だ。

(参考:ウィキペディア)

みちのく銀行(8350)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のみちのく銀行(8350)の株価は899円(2022年2月時点)だ。
100株だと「約9万円」で購入できる。

みちのく銀行の場合、1年以上継続保有している株主が優待の対象になるので、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約9万円の投資で年間3,000円分の優待がもらえるので、優待利回りは3.33%だ。

なかなか良いね。
必要投資額が約9万円というのもお手頃だ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

みちのく銀行(8350)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のみちのく銀行(8350)は魅力的かを見ていこう。

みちのく銀行(8350)の配当利回りは2.78%だ。

100株分、約9万円投資したら→年間2,500円
500株分、約45万円投資したら→年間12,500円がもらえる。

悪くはないが、少し物足りないね。

配当の基準日は?

みちのく銀行(8350)の配当の基準日は3月末日と9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日と2022年9月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にみちのく銀行(8350)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは6.11%だ。

かなり良いね。

新しく発足したプロクレアホールディングス(7384)もほぼ同様の株主優待を用意している。
是非確認してもらいたい。

青森銀行とみちのく銀行経営統合で誕生!プロクレアホールディングス(7384)の株主優待と配当はオススメか?

タイトルとURLをコピーしました