株式投資ブログ「オリックス株主優待廃止の衝撃」

株式投資ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も僕の投資日記をお送りしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていこう。

日経平均株価 (15分足 5日間)

5/9(月)
26,319.34(-684.22)円

5/10(火)
26,167.10(-152.24)円

5/11(水)
26,213.64(+46.54)円

5/12(木)
25,748.72(-464.92)円

5/13(金)
26,427.65(+678.93)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス575.91円(-2.13%)となった。
反落だ。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきたいと思う。

月曜日

月曜日の日経平均株価は大幅に反落した。

前週末に発表された4月の米雇用統計は、労働市場の逼迫とそれによるインフレ圧力を改めて確認する結果となり、米10年債利回りは3.1%台まで上昇した。
これにより、ハイテク株で構成されるナスダックは1.2%下落。
それに影響を受けて、日本市場でも成長株を中心に下げる展開となった。

火曜日

火曜日の日経平均株価は続落し、3月16日以来およそ2カ月ぶりの安値で終えた。

前日の米株式市場で主要な3つの株価指数が下落し、そろって年初来安値を更新した。
世界的なインフレへの懸念は根強く、地政学リスクの高まりも意識されているとあって、株式の持ち高を減らす動きが出た。
日本市場でも売りが先行し、自動車や商社株が売られた。

水曜日

水曜日の日経平均株価は3営業日ぶりに小幅反発した。

この日も、前日の米国市場ではダウ工業株30種平均が下落し、朝方は主力株を中心に幅広い銘柄で売りが優勢となった。
ただ、売り一巡後には買い戻しが入ったようだ。

一方、この日の午後に2022年3月期の連結決算を発表したトヨタは、今期の営業利益が前期比20%減の2兆4000億円との見通しを示し、一時5%安となるなど大きくその値を下げる展開となった。

木曜日

木曜日の日経平均株価は反落し、2万6000円の節目を割り込み、3月15日以来およそ2カ月ぶりの安値となった。

前日に発表された米消費者物価指数(CPI)は前年同月比の上昇率が市場予想を上回った。
これにより、FRBが積極的な金融引き締めを加速させるとの警戒から、米株式相場は大きく下落。

これを受けて日経平均株価は一時500円を超える下げを見せた。

金曜日

金曜日の日経平均株価は大幅反発した。

日経平均は今週に入って前日までに1200円以上下げていたことから、割安感が意識されたのだろうか。
また、前日に決算を発表して業績見通しが好感された東エレクトロンと、悪材料出尽くし感の出たソフトバンクグループはともに大幅高となり、2銘柄で日経平均を220円程度押し上げた。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみよう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートだ。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

チャートを見ると下降トレンドであることは変わらない。
先週金曜日は大反発となったものの、25日移動平均線が50日移動平均線を上から下に抜けようとしており、今週はさらなる下げを覚悟しておかなければならないだろう。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

KDDI (日足 6ヶ月間)

まずは先週決算を発表したKDDIだ。

KDDIは、22年3月期の連結最終利益は前の期比3.2%増の6724億円になり、23年3月期も前期比2.3%増の6880億円に伸びを見込み、10期連続で過去最高益を更新する見通しを発表した。
同時に、今期の年間配当は前期比10円増の135円に増配する方針とした。

これで配当利回りは3.21%となった。
良い水準だね。
これでさらに、毎年株主優待として3,000円分のカタログギフトがもらえる(100株の場合)ので、優待と配当を合わせたトータル利回りは4%近くにもなる。

僕はかれこれ4年ほどKDDI株を保有しており、株価が2,500円台の時に買っているから、今では16万円を超える含み益となっている。
さらに、おそらく今年度からもらえる株主優待のカタログギフトの額が5,000円分となるので楽しみだ。(5年以上保有しているともらえる優待の額が5,000円分となる)

詳しいKDDIの優待内容については下の記事を参考にしてみてもらいたい。

これはお得!KDDI(au)【9433】の株主優待と配当がおすすめ!!

おそらく僕のポートフォリオの中で、最も成功している銘柄だと思う。

オリックス (日足 6ヶ月間)

一方で、同じく先週決算発表を行なったオリックスが衝撃的だった。
なんと、株主優待の廃止を発表したのだ。

オリックスはこれまで、100株分の投資で、毎年5,000円分のカタログギフトが株主優待としてもらえたのだが、なんとそれを2024年分をもって廃止すると発表したのだ。

オリックス(8591)の株主優待と配当はおすすめか?

僕は、オリックスの株を株主優待で保有していたので、この発表にはかなりショックを受けた。
僕と同じように、株主優待目当てでこれまでオリックス株を保有していた個人投資家はきっとたくさんいるのではないだろうか。

日経新聞の記事によると、オリックスの個人株主は80万人にも及ぶそうだ。

ただ、救いとなったのが、株主優待廃止とともに、500億円、4000万株(発行済み株式数の3.3%)を上限とする自社株買いも発表したことだ。
これによって、株価が大きく下がることはなかった。

オリックスは株主優待だけでなく、配当利回りもなかなか良いので、僕は引き続き保有し続けようと思っている。

eBASE (日足 6ヶ月間)

さらに、先週はeBASEも決算発表を行なった。
決算発表の内容は以下だ。
22年3月期の連結経常利益は前の期比12.2%減の10.8億円になったが、23年3月期は前期比24.2%増の13.5億円に拡大を見込み、3期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
同時に、今期の年間配当は前期比0.3円増の6.1円に増配する方針とした。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比23.8%減の4.8億円に減り、売上営業利益率は前年同期の44.4%→36.2%に低下した。

この発表を受けて、先週金曜日には14%もの上昇を見せた。
ただ、僕からするとこの上昇なんて焼け石に水だ。
今はかなりの含み損を抱えている状態なので・・・。

とはいえ、この来年度の見通し通りにしっかりと成長してもらって、株価を元の水準まで戻してもらいたい。

コメダの株主優待が届いた!

先週は、コメダの株主優待が到着した。
コメダは、毎年半期に一回、1,000円分のポイントがもらえる。(自動的にコメカにチャージしてくれる。)
なお、今回は、株主総会の議決をWEBにて行使した場合、追加で500円分のポイントがもらえるとのこと。

しっかりとWEBで行使しておいた。
これで1,500円分のポイントがもらえることになる。
嬉しいね。

コメダホールディングス(3543)の株主優待と配当はオススメか?

今週の注目イベントは?

今週は特に大きなイベントは無い。

ただ、引き続き、為替の動向と中国のロックダウンの状況は見極める必要がありそうだ。
FRBの金融引き締めについては、6月FOMC以降も0.5ポイント幅の追加利上げが続くシナリオが意識されている。
一方で、日銀は金融緩和政策を当分維持する見通しで、直近ドル高が高止まりしたと言っても、さらにドル高が進む可能性が十分にある。

また、中国ロックダウンは世界の製造業の事業環境に影響を与えているが、もし仮に経済再開の目処が立てば、株式市場にとっては追い風となるだろう。

その辺りはしっかりとウォッチしておきたい。

それでは、今週も頑張ろう。

現在の保有株

3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
4348 インフォコム
3835 eBASE
3397 トリドールHD

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

現在の保有米国株ETF

ヴァンエック 金鉱株ETF(GDX)
バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)

保有資産

現金残高:8,390円
株式:4,742,350円
投資信託:2,124,375円
米国ETF:39,791円
計:6,914,906円

今週の主なイベントはこちら。

5月16日(月)
4月国内企業物価指数=8時50分
10年物価連動国債
◆決算発表=アサヒ(2502)、電通グループ(4324)、リクルートH(6098)、三菱UFJ(8306)

中国4月工業生産、小売売上高、都市部固定資産投資=11時
米5月NY連銀製造業景気指数=21時30分
米3月対米証券投資=17日5時
インド市場休場
◆決算発表=ストラタシス

5月17日(火)
米4月小売売上高=21時30分
米4月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
米5月NAHB住宅市場指数=23時
◆決算発表=ホーム・デポ、キーサイト・テクノロジーズ、ウォルマート

5月18日(水)
1~3月期GDP=8時50分
5年国債入札

G7財務相・中銀総裁会議(~20日、ドイツ)
米4月住宅着工件数=21時30分
米20年国債入札
◆決算発表=(アジア)テンセント、(米国)アナログ・デバイセズ、シスコシステムズ、ロウズ、ターゲット、TJX

5月19日(木)
4月貿易統計=8時50分
3月機械受注=8時50分

南ア準備銀行金融政策決定会合
米5月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数=21時30分
米4月中古住宅販売件数=23時
◆決算発表=アプライド・マテリアルズ

5月20日(金)
4月消費者物価=8時30分
20年国債入札
◆決算発表=SOMPOH(8630)、MS&AD(8725)、東京海上(8766)

◆決算発表=ディア

出処:SBI証券

タイトルとURLをコピーしました