バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待と配当はおすすめか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はバイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待について紹介する。

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約72万円
(1,000株)
配当金は? 2,400円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.75%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待の内容

まずは、バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待の内容だ。

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待は、自社商品3,000円相当だ。

以下の中から好きなものが選べる。
・べに花入りはと麦烏龍茶(275g×24缶入1ケース)
・明石の恵み 一番摘み明石のり(味付のり8枚切x80枚x3本)
・無塩温麺とうま~いつゆ(温麺90gx18束、つゆ500mlx1本)

保有株数が1,000株以上の株主全員がもらえる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)とはどんな会社?

株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(VITAL KSK HOLDINGS, INC.)は、東京都中央区に本社を、世田谷区に本店を置く持株会社。
医薬品等の卸売を行う株式会社バイタルネット、株式会社ケーエスケーなどを傘下に置く。
* 2009年4月1日 – 共同株式移転により、株式会社バイタルネットと株式会社ケーエスケーが、共同持株会社である株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングスを設立。東京証券取引所第一部に上場。
* 2010年4月 – 株式会社VKシェアードサービスを設立。
* 2014年1月 – 連結子会社であった株式会社井上誠昌堂が株式会社フレットに吸収合併され、株式会社ファイネスとなる。

(参考:ウィキペディア)

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のバイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株価は、716円(2021年6月時点)だ。
1,000株だと「約72万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料920円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約72万円の投資で年間3,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.42%だ。

少ないね。
そもそも株主優待をもらうために70万円以上もの投資をしないといけないというのは、高すぎる。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のバイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)は魅力的かを見ていこう。

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の配当利回りは、3.33%だ。

100株分、約7万円投資したら→年間2,400円
1,000株分、約72万円投資したら→年間24,000円がもらえる。

配当はなかなか良いね。

配当の基準日は?

バイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にバイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.75%だ。

株主優待が1,000株からしかもらえないのは、ちょっと残念だったが、配当がなかなか良いので、配当目当てに100株保有するのもありかもしれない。

気になる方は、是非チェックしてみてほしい。

バイタルケーエスケー・ホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました