力の源ホールディングス[一風堂](3561)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は力の源ホールディングス(3561)の株主優待と配当について紹介する。

力の源ホールディングス(3561)
何がもらえる? 優待割引カード
優待食事券(1年以上保有)
いつ買えばいい? 2021年9月28日
2022年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約7万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 2.70%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

力の源ホールディングス(3561)の株主優待の内容

まずは、力の源ホールディングス(3561)の株主優待の内容だ。

力の源ホールディングス(3561)の株主優待は、日本国内の「一風堂」、「RAMENEXPRESS」、「五行」等で利用できる①優待割引カードと②優待食事券(1年以上保有の場合)だ。

①優待割引カードは、
保有株数が100株以上1,000株未満の場合、10%割引カード(一風堂の日は20%割引)。
1,000株以上3,000株未満の場合、15%割引カード(一風堂の日は20%割引)。
3,000株以上の場合、20%割引カードがもらえる。

②優待食事券は、対象商品の中から1品を1回無料で食べられる券だ。
なお、同伴者がいる場合は、1枚につき2品が無料となるのでさらにお得だ。
1年以上継続して株を保有している株主に1枚配布される。

年に2回、3月末日と9月末日の株主に配布される。
なお、優待券の発送は6月と12月のようだ。

一風堂のラーメンが毎回10%引きで食べられるなんて嬉しいね。

力の源ホールディングス(3561)とはどんな会社?

力の源ホールディングスは、福岡県に本社を置く、ラーメンチェーン「一風堂」を展開する会社だ。

創設は1986年で、2017年3月に東証マザーズに上場した。

現在は、日本国内に90店舗以上、海外には50店舗以上を展開している。(参考:ウィキペディア)

力の源ホールディングス(3561)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の力の源ホールディングス(3561)の株価は、664円(2021年6月時点)だ。
100株だと「約7万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、力の源ホールディングス(3561)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

一風堂の定番ラーメン「白丸元味」が一杯790円だから、月に2回一風堂でラーメンを食べたとすると、年間で1,890円得することになる。

約7万円の投資で優待が年間1,890円相当だから、優待利回りは2.70%だ。

当然これよりもたくさん一風堂で食事をすれば、それだけ優待利回りは上がることになる。

また、このカードを持っていれば、10名までの同伴者に割引が適用されるようだ。
友人や家族にとっても嬉しいね。

なお、1回の割引金額の上限は5,000円のようだ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年9月28日と2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

力の源ホールディングス(3561)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の力の源ホールディングス(3561)は魅力的かを見ていこう。

力の源ホールディングス(3561)の場合、残念ながら配当は無いようだ。

最後に力の源ホールディングス(3561)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.70%だ。(月に2杯白丸ラーメンを食べた場合)

悪くはない。
一風堂でラーメンを食べれば食べるほど利回りは良くなっていくので、普段から一風堂によく行かれる方は、投資をする価値もあるのではないだろうか。
また、最近は一時期よりも株価が落ち着いてきたので、欲しいと思っていた方には、今が買い時と言えるかもしれない。
興味ある方は是非チェックしてみてほしい。

力の源ホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました