3歳の息子に「へんしんバイク」ではなく「D-Bike(ディーバイク)マスター12」を買ってあげた理由

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、3歳の息子にD-Bike(ディーバイク)マスター12という小さい自転車を買ってあげた。

そこで今日は、D-Bike(ディーバイク)を買って良かったこと、悪かったことを書きたいと思う。

ペダルが無い自転車

最近、ストライダーというペラダルの無い自転車が流行っているよね。
このストライダーは、1歳半から乗れる自転車。

ストライダー

普通ペダル付きの自転車って5歳くらいから乗る訓練を始めて、何度も何度も転びながら、やっと乗れるようになると思うんだけれども、1歳半とかからこのストライダーを乗っていると、ペダル付きの自転車も簡単に乗れるようになれるんだとか。

最近は、ストライダーの他にも、同じようなペダル無しの自転車が様々なメーカーから販売されるようになった。

D-Bikeもその一つだ。

ただ、うちの場合、息子が3歳になったタイミングでやっと、自転車を買ってあげようと思ったから、なんとなく、ストライダーみたいな普通のペダル無し自転車を買い与えるのは少しもったいない気がして、もっと長く使えるように、ペダル無しでも使えるし、ペダルも後から付けられるようなものがいいなぁと思って探してみた。

「へんしんバイク」ではなく「D-Bike(ディーバイク)」を選んだ理由

色々調べてみた結果、「へんしんバイク」「D-Bike(ディーバイク)」の2つが候補に上がった。

へんしんバイク

D-Bike

どちらも僕が求めていた、後からペダルを取り付けられる自転車なのだが、どうしてへんしんバイクではなく、D-Bike(ディーバイク)を選んだのかと言うと、主に理由は2つだ。

まず、へんしんバイクはサイズが中途半端だった。
へんしんバイクには、へんしんバイクS、へんしんバイク、へんしんバイクX14、へんしんバイクX16という4つのサイズがあるのだが、実際にお店に息子と行って、またがってみた結果、Sだとちょっと小さいし、普通のへんしんバイクだと大きかった。
へんしんバイクの対象年齢は3歳からだけれども、うちの息子のように、少し背が小さい子にサイズを合わせるのは少し難しいようだ。
一方で、D-Bike(ディーバイク)マスター12は、サドルの高さなどが幅広く調整できて、息子の背丈にもぴったり合わせることができた。

へんしんバイクではなくて、D-Bike(ディーバイク)を選んだもう1つの理由は、デザイン。
正直、へんしんバイクはデザインがイマイチだった。
なんか雑というか、言ってしまえば、ママチャリのような特にデザイン性を考えられいない。
一方で、D-Bike(ディーバイク)はデザインもかっこよくて気に入った。

この2つの理由から、僕はへんしんバイクではなく、D-Bike(ディーバイク)を選んだ。

ちなみに、価格は、D-Bike(ディーバイク)が15,800円で、へんしんバイクが14,800円だ。
若干だが、D-Bike(ディーバイク)の方が高い。

D-Bikb(ディーバイクの欠点は?

ただ、実際に使ってみると、D-Bike(ディーバイク)にも欠点があった。

その1つが、とにかく重いということ。

「ストライダー」は約3kg、「へんしんバイクS」が約5kg、「へんしんバイク」がペダルを付けた状態で7.5kgなのに対して、「D-Bike(ディーバイク)マスター12」はペダル無しの状態で約8kgだ。

まだ3歳の息子は、公園に行ってもD-Bike(ディーバイク)に乗ったり、乗るのをやめて走り回ったりするから、結局僕がD-Bike(ディーバイク)を持って息子の後をついて行かなければならなくなる。
ただ、そんな時8kgの重さがかなりこたえる。
多分女性には持ち運びするのはかなり厳しいと思う。

正直、そこは買う時盲点だった。
よく、ストライダーとかを片手で楽に持っているパパやママを見かけるけれど、D-Bike(ディーバイク)はそうはいかないということは知っておいた方がいい。

あと、息子にとっても、少し重いと感じるのか、倒れてしまったときとかは、なかなか起き上がらせるのに苦戦している。
まあ、それは慣れれば問題ないと思うけど。

どこで買えるの?

ストライダーはデパートやショッピングセンターのおもちゃ売り場で売っているけれど、D-Bike(ディーバイク)はおもちゃじゃなくて一応ちゃんとした自転車という扱いだから、おもちゃ売り場では売っていない。

自転車屋さんで取り扱っているようだ。
ただ、最初近くの「サイクルベースあさひ」に行ってみたんだけれども、サイクルベースあさひでは取り扱っていないとか。

僕は結局、近くのホームセンター「ユニディ」で売っていることを知り、ユニディで購入した。

主にイオンバイクというイオン系の自転車屋さんや、ビックカメラなどの家電量販店、ホームセンターなどで売っているらしい。

最後に

まあ、色々書いたけれども、3歳になってから小柄な子供にペダル無し自転車を買い与えようとすると、D-Bike(ディーバイク)マスター12しか選択肢が無いように感じる。
今から、1歳半から使えるストライダーを買うのも勿体無いし、2歳から使えるへんしんバイクSはちょっと小さいし。
普通のへんしんバイクは、小柄な子供にはサイズが合わないし。
ただ、一番良いのは、1歳半からストライダーをやらせることだったのかな。
うちの息子は、D-Bike(ディーバイク)を乗りこなすことも依然として苦戦しているけれども、1歳半くらいからストライダーをやっていた近所のお友達は、3歳ですでにペダル有りの自転車を乗り回している。

そう考えると、3歳でペダル無しを始めるのは、少し遅かったのかなとも感じた。

まあ、息子には今から頑張ってもらうこととしよう。

D-Bike(ディーバイク)のホームページはこちら


アイデス (ides) D-Bikemaster (ディーバイクマスター) 12インチ レッド ペダル 簡単着脱 バランスバイク 自転車 レッド

タイトルとURLをコピーしました