日本株投資日記「僕が20万円損切りをしてインフォコムを100株追加した理由」

株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も先週の投資日記をお送りしたいと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていこう。

日経平均株価(15分 5日間)

10/12(月)
23,558.69(-61.00)円

10/13(火)
23,601.78(+43.09)円

10/14(水)
23,626.73(+24.95)円

10/15(木)
23,507.23(-119.50)円

10/16(金)
23,410.63(-96.60)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス209.06円(-0.89%)となった。
2週間ぶりの反落だ。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきたいと思う。

月曜日

月曜日の日経平均株価は続落した。
トランプ米大統領の追加経済対策案について、民主党のペロシ下院議長が非難の応酬を続けていることから、市場全体の景気の先行きに対する不透明感が強まり、主に景気敏感株を中心に売られた。

火曜日

火曜日の日経平均株価は、3営業日ぶりに反発となった。
前日の米株式市場が上昇したことから、日本市場もその流れを引き継ぐ形で上昇した。
特に、この日アップルの特別イベントを控えていたことから、アップルの関連銘柄が買われた。

水曜日

水曜日の日経平均株価は、小幅に続伸。
政府が第3次補正予算案を編成すると報じられたことで景気持ち直しへの期待が広がった。
ただ、米国の追加経済対策を巡る協議の停滞や、欧米での新型コロナの感染動向、米大統領選など不透明感も強く、上値は終始重い動きとなっていた。

木曜日

木曜日の日経平均株価は、3日ブリの反落となった。
フランスが一部の都市で夜間の外出を禁止するなど、再びコロナウイルス感染拡大への不安などが重荷となり、日経平均の下げ幅は一時170円近くまで拡大した。

金曜日

金曜日は、引き続き欧州を中心とする新型コロナウイルス感染再拡大への不安から、日経平均株価は続落。
ただ、一方で、前日に今期が最高益になるとの見通しを示したユニクロなどを展開するファーストリテイリングが4%高となり、ファーストリテイリング1銘柄で日経平均を108円押し上げた。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみよう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートだ。

日経平均株価(日足 6ヶ月)

5日移動平均線が25日移動平均線上を反発しながら、じわじわと上昇しているチャートの動きは変わらない。
となると、今週は再び反発するのかと期待してしまうね。

ただ、もしかしたら、この流れは、米の大統領選挙まで変わらないのかもしれない。
米大統領選挙は11/3だ。
今週は、次の一手を考える週にした方が良さそうだ。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは僕の保有銘柄の動きについて見ていこう。

ジャストシステム(日足 6ヶ月間)

まずは、ジャストシステム(4686)。
先週は、マイナス60.0円(-0.84%)となった。
これで3週続落だ。
僕の含み損もついに3万円を超えてしまった。

ただ、あまり心配はしていない。
この銘柄は、今年の秋の四季報で発見したのだが、分析してみても、今後上昇する可能性が大いにあると感じた。
今はマイナスだが、今後はしっかりと利益を生み出してくれるはずだ。
気長に待とうと思う。

次に、今僕がイチオシしているeBASE(3835)はどうだっただろうか。

eBASE(日足 6ヶ月間)

先週は、eBASEの下げがキツかった。
先週1週間で、マイナス74.0円(-5.67%)だ。

これで3週続落。
ただ、正直言って、eBASEが下げる理由がよく分からない。
このコロナ下で一時的に、小売業などの顧客開拓が滞っているのかもしれないが、eBASEの業態的に、一度開拓した顧客からは、継続的に収益を得られるはずだ。
現在PERは56倍とやや高めだが、コロナが収束した後には、顧客拡大の余地も大いにあることから、今は一時的な下げだと思っている。

今僕は、投資を始めた頃からずっと持っている三井住友FGやSUBARUのように塩漬けしてしまっている銘柄があるから、それらを損切りして、eBASEを買うことを今本気で悩んでいる。
今週さらに下げるようであれば、実行してもいいかもしれない。

インフォコム(日足 6ヶ月間)

次にインフォコム(4348)を見てみよう。
インフォコムは先週プラス45.0円(+1.07%)となった。

相変わらず強いね。

とはいえ、先週は、木曜日と金曜日に大きく株価を下げている。
これはチャンスと思い、これまで5年間ほど塩漬けにしていたマツダ(7261)を500株売ってインフォコムを100株追加で買った。
マツダは実は20万円ほどの含み損を抱えていたんだけれども、その20万円もインフォコムならすぐに取り返してくれるだろう。

投資は、伸びているところに資金を移すのは基本だ。
先週は、木、金と続落したが、今週はしっかりとその勢いを取り戻してもらいたいものだ。

バリューコマース(4291)を信用買いした

バリューコマース(日足 6ヶ月間)


さらに先週は、バリューコマースを100株信用買いしてみた。
バリューコマースは、Zホールディングスの子会社で、アフィリエイト広告の仲介大手だ。
このコロナ下において、YouTubeやブログで情報を発信する人がより増えたこと、そして今後もその動きは加速していくことなどから、さらに伸びる余地があると思ったため、買うことにした。
先週後半に少し落ち込んだタイミングで買ったのだが、今週はどうなるだろうか。

今週の注目イベントは?

今週の注目はなと言っても、22日に予定されている米大統領候補の討論会だ。
トランプ大統領の新型コロナ感染により前回は中止となったため、1回目の9月29日以来の直接対決となる。

前回はただの罵り合いで終わってしまったが、今回はどのような論議が繰り広げられるのか注目だ。

他には、19日に中国で7~9月期GDP(国内総生産)や9月の工業生産、小売売上高、都市部固定資産投資が発表される。
この辺りの経済指標にも注目しよう

それでは、今週も頑張ろう。

現在の保有株

3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
9467 アルファポリス
4348 インフォコム
3835 eBASE

信用買銘柄

2317 システナ
2412 ベネ・ワン
4686 ジャストシステム
4291 バリューコマース

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:31,109円
株式:4,505,450円
投資信託:1,442,466円
信用買:-20,182円
計:5,958,843円

今週の主なイベントはこちら。

10月19日(月)
9月貿易統計=8時50分

中国7~9月期GDP、9月工業生産、9月小売売上高、9月都市部固定資産投資=11時
米10月NAHB住宅市場指数=23時
◆決算発表=(米国)ハリバートン、IBM

10月20日(火)
9月首都圏新規マンション発売=13時30分
20年国債入札

ドバイ国際博覧会(万博)が延期(新日程は21年10月1日~22年3月31日)
米9月住宅着工件数、9月建設許可件数=21時30分
◆決算発表=(米国)アイロボット、P&G、トラベラーズ、テキサス・インスツルメンツ、ネットフリックス、テラダイン

10月21日(水)
9月訪日外客数
◆決算発表=ジャフコ(8595)

米ベージュブック
米20年国債入札
◆決算発表=(米国)ベライゾン・コミュニケーションズ、ザイリンクス

10月22日(木)
日銀「生活意識に関するアンケート調査」の結果
◆決算発表=中外薬(4519)、ディスコ(6146)

トルコ中銀金融政策決定会合
米9月中古住宅販売件数=23時
米大統領候補討論会
◆決算発表=(欧州)ダッソー・システムズ、エルメス(米国)ダウ、フリーポート・マクモラン、インテル、コカ・コーラ、ニューコア、STマイクロエレクトロニクス、AT&T、ユニオン・パシフィック

10月23日(金)
9月消費者物価=8時30分
◆決算発表=東製鉄(5423)、富士通ゼ(6755)、キヤノンMJ(8060)、京阪神ビ(8818)、沖縄セルラー(9436)

◆決算発表=(欧州)ABB(米国)アメリカン・エキスプレス

出処:SBI証券

タイトルとURLをコピーしました