【男の子が喜ぶお出かけスポット】宮崎台駅直結「電車とバスの博物館」に行ってきた!

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、東急田園都市線の宮崎台駅にある「電車とバスの博物館」に行ってきた。
電車とバスの博物館は、東急が運営する鉄道とバスの博物館だ。

駅直結の施設

電車とバスの博物館の場所は、東急田園都市線 宮崎台駅直結。
電車の施設だからか(?)駐車場は無い。

僕たちは車で行ったので、近くのコインパーキングに車を駐めて行ってきた。

入口を入ると、壁一面に東急の歴史が描かれている。
大人でも電車好きの方は楽しめそうだ。

入場券は、券売機で購入する。
大人は200円、3歳以下は無料。

僕たちは、日曜日の午後2時くらいに行ったのだけれども、すでにNゲージパークと運転シミュレーターは満席となっていた。

入場券を購入したら、まるで駅の自動改札機のような入場ゲートから入場する。

「電車とバスの博物館」の館内マップ

電車とバスの博物館の館内マップはこんな感じ。

A棟は、入口フロアを含めて、全部で4フロアがある。
また、道路を挟んだところにB棟があり、1フロア分の施設があるようだ。

ヒストリーパノラマシアター

まずは、階段を降りて3階へ。

最初にあるのが、東急ヒストリーパノラマシアター。

ここでは、ジオラマ上のスクリーンに東急の歴史ビデオが流れる。

ジオラマの電車が動くのかなと思っていたんだけれども、残念ながらここは動かないようだ。

また、ここには、歴代の東急車両の模型が展示されている。
懐かしいと感じるお父さんお母さんもいるのではないだろうか。

Nゲージパーク

次にあったのがNゲージパーク。

ここでは、1回20分200円でNゲージの運転が楽しめるようだ。
自分のNゲージを走らせたい場合は、車両の持ち込みができるとのこと。

ただ、残念ながら僕たちが行った時はすでに受付が終了していた。

ジオラマシュミレータ

続いて、ジオラマシュミレーター。

ここでは、HOゲージサイズの模型の運転体験ができる。

こんな感じで、模型にカメラが付いていて、ジオラマの中を実際に運転しているかのような体験ができるんだ。

息子は走る模型をずーっと眺めていた。

男の子は電車が好きだよね。
とにかくじーっと約40分間眺めて、ようやく下のフロアへ移動することに。

バスのフロア

1階は、バスのフロアになっている。

ただ、うちの息子は、バスには全く興味を示さず(笑)
電車派なんだね。。

1階にはバスの他にも、昔実際に使われていたであろう車両が展示されていて、こんな感じでみんな休憩していた。

キッズワールド

道路を渡って、次はB棟に移動する。
B棟はキッズワールドという名前がついているが、主にプラレールで遊べる場所だ。

こんな感じでプラレールがひたすら走っている。
あれ、新幹線が走ってる。
もう東急とか関係無いのかな(笑)

ここで、またしても、息子はハマり、約30分プラレールを眺めることに。
また、ここではこんな感じでプラレールを借りて実際に遊ぶこともできるようだ。

最後は、息子は眠くなったのか、抱っこで退館。
僕と妻の入館料合計400円でたっぷり2時間滞在した。

きっと男の子は喜ぶ施設だと思う。
みなさんも今度の休みにお子さんを連れて行ってみてはいかがだろうか。

電車とバスの博物館(東急)


所在地:川崎市宮前区宮崎2-10-12
(東急田園都市線宮崎台駅直結)
電話:044-861-6787
入館料:大人(高校生以上)200円、3歳から中学生100円
開館時間:10:00~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日:毎週木曜(木曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
ホームページ:https://www.tokyu.co.jp/museum-2/

タイトルとURLをコピーしました