ランナーのツイートから学ぶ。ロレックスマラソンを完走するために必要な3つのポイント

ロレックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレックスマラソンで完走するポイントについて、ロレックスマラソン走者のツイッターでのツイートを基に考察してみたい。

一体どんな人がロレックスマラソンを完走しているのだろうか。

ロレックスマラソンとは?

ロレックスマラソンとは、ロレックスの人気モデルを正規店で買うために、休日や人によっては平日も販売店を回り店員に在庫の確認を行うこと。
時計好きの間では、このような行動を「デイトナマラソン」や「ロレックスマラソン」と呼び、またそれを行う人たちのことを「マラソンランナー」や「ランナー」と呼ぶ。

ロレックスランナーが生まれる理由

こういったロレックスマラソンランナーが存在する理由は、正規店で人気モデルを購入することが至難の業だからだ。

ネットを見ると、並行輸入品などでは、人気モデルを購入することができるが、定価よりもかなり高い価格で販売されている。

当然、正規店なら定価で購入することができる。
普通の人なら、正規店で購入したいと思うだろう。

ただ、正規店に人気モデルがいつ並ぶかは、不明。
予約もできない。
並んだ瞬間に数分もたたないうちに売れてしまうとの話まである。

だから、定価で購入することができる正規店での購入を目指して、マラソンをする人が出てくるのだ。

どれだけマラソンをしても手に入らない

ただ、このロレックスマラソン、なかなかの苦行ようだ。

中には、100回以上店舗を訪れても、手に入れられない人もいる。

この方は、286回。

この方は、961店舗も訪れている。
それだけの執念を持ってしても手に入らないのか・・・。

完走できる人はどんな人?

一方で、それでも中には、お目当ての品を正規店で購入できた、いわゆる”完走したランナー”がいる。

では、一体”完走できたランナー”と”できないランナー”の違いは何なのだろうか。

この方は、なんと50日程度で、デイトナマラソンを完走している。
この方のツイートでは、ロレックス店の中で会議が行われて、それで販売するお客さんを決定しているとか?

中には、こんなツイートもあった。


つまりはそういうことなのかもしれない。

さらに、この方のツイートによると、マナーの悪い客には、当然のように、人気モデルを販売することはなさそうだ。

結論

マラソンランナー達をどうこう言うつもりはないが、ランナー達のツイート内容を見ると、完走するためのヒントが見えてきた気がする。

それは、「ロレックスが似合う人間になることが大切だ」ということ。

自分がロレックスの販売員になったとしたら、誰もが欲しがる人気モデルをどんな人に売りたいと思うだろうか。

きっと、「この人にロレックスを付けてほしい」と思う人に売るのではないだろうか。

それは、身なりだったり、立ち振る舞いなど、様々なポイントを見ているのだと思うけど、少なくても、以下のポイントは大事だと思った。

・店員さんに覚えられること
・失礼な対応はとらないこと
・今後も継続してロレックスを購入していくだろうと店員さんに思われること

今後ロレックスマラソンを始めようと思われている方は、ほんのちょっとだけでも今日紹介した内容を意識してみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました